2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


内密なお話(続編)

昨日のお話。
より詳細な説明の必要性を感じ、続編を設けることにした。


「すいませ~ん」
朝10時、いかにも丁寧といった感じの男性の声が響く。
業者さんか、と思い、やや駆け足で声の元へと向かった。

顔は浅黒く、後ろで髪を束ねた、おっさん。
彼こそが後のおかまこと山田さん(仮)であった。

実はこの山田さん(仮)は以前私のブログにも登場していた。
この記事の写真で猫を抱いているのが氏である。
迷い猫を引き取るなど、動物好きな一面もあり、いかにもいい人といった感じなのだ。
異彩を放ちまくっていた第一印象であったが、まぁ裏のない純粋な人と私は認識した。

そんな感じで一月が過ぎ、仲が良いでも悪いでもないといった関係を築きつつあったところへ、研究室の後輩の子が、真顔で私の元へとやって来た。
どうやら、山田さん(仮)の話らしい。
彼女は小さくて、いかにも可愛いといった感じの女の子で、山田さん(仮)もお気に入りだったと思う。
もしや、セクハラか。
そう訝りつつ聞いた内容は、次の通りである。

「あの、山田さん(仮)とこないだお話してて」
「うん」
「何かいろいろ写真を見せられたんですよ」

実は山田さん(仮)、相当なメカオタクで、カメラなんかもこだわりがある。
おそらく趣味のデジカメかなんかの話になったのだろう。

「何枚かみてたら」
「うん」










「チャイナ服来た女性の写真が出てきて」










へ?
話の方向性がつかめない。

「奥さんですか?って聞いたんですけど










これ、僕だよって言うんです。」










く~る~、きっとくる~
今まさに貞子が降臨してきたかのような、そんな雰囲気に包まれた。
どうやら、完璧女装していたらしいのだ。

とまあ、こんなのは序章に過ぎないのだが、いかんせん文章が長い。
私の表現力のふがいなさがうらめしいが、また続編を設けて続きを書くことにしよう。
失礼しました。
スポンサーサイト


テーマ:これってどうよ? - ジャンル:日記

コメント

これは連載するしかありませんね。

とても気になりますぞ。

連載を

長期にしようかと思ったのですが、ちと限界がありますな。
精神的に。
とりあえず、本日分はアップしました(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koilog.blog26.fc2.com/tb.php/97-d1b4e97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

大学院博士課程を経て民間企業に在籍中。
この4月で29歳になりました。

鯉蔵

Author:鯉蔵
*mail and messenger↓
koizo-@ hotmail.co.jp
お手数ですが、@の後ろのスペースを削除して送信してください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。