2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1週間について考える

1週間が、9日あればいいなと思う。
ご存知の通り、今現在は7日となっているが、もう少し長くはならないものかと思ったことはないだろうか。
私は自身の欲求を真摯に受け止め、考えを巡らしている最中なのである。

まず単純に、休日があと1日多く欲しいと思う。
現状として、確実に終日休むのは日曜のみ。
土曜は基本的に休日で、自由参加のような環境なのだが、どちらかというと出席する日の方が多いし、それがちょうどいいように思う。
しかしそれでは疲れが完全に取り除けないこともままあるため、完全な休日を更に1日増やして2日とすることを望むのだ。
それに。

私は週末によく飲み会を行うのだが、現行のシステムにおいて、日曜日は次の日以降を考えて同会合を自粛することがほとんどであり、したがって開催するのはほとんど土曜日である。
できればいろんな人たちと飲みたいなぁ、なんて考えたりするが、一晩で2つ以上のグループと飲み交わすのは、体力、気力、金銭の面から考えると非常にきついといえる。

しかしこのシステムならば、2晩続けて飲んでも1日休める日が存在するわけで、楽しい週末となること請け合いなのである。
金銭的にきついのではないか?という声も聞こえてきそうだが、その時は飲まなければいいのであって、臨機応変な対応が可能であるということも付け加えておこう。

で、残る1日は、休日のみを増やすと罪悪感が生じるため、帳尻合わせとして平日を設ける。
いわば精神面、メンタルな部分の調整日である。

平日6日、休日2日、半休日(土曜日)1日、これ、かなりバランスがよいのではないのだろうか。
1月がだいたい3週間になっても何ら問題はないと思うので、1年12ヶ月のシステムに変更を加える必要もない。
我ながら、いいアイディアであるように思う。

しかし人間、特に日本人に顕著に見られる傾向なのだが、せっかく相対的に時間が増えても、それを仕事で埋めようとしたりする。
これは実によくない傾向で、声を大にして異を唱えたいところだが、本当に大声で言おうものなら上司にひどく叱責、あげく正座を強要されて足に血が鬱血、最悪の場合壊死に至って切断せざるを得なくなるかもしれず、黙っておいた方がいい、と言える。
そうなると結局、仕事の時間は増える一方、休める時間は減る一方といった事態に陥り、このシステムは破綻をきたす。
考案者である私こと鯉蔵はその責任を追及され、呑気にブログぞを書いていられなくなるであろう。

ここは1つ、苦虫を噛み潰したような顔をしながら、心の内に宿った鬼に豆でも撒こうかと思う。
鬼は内、福はどこ?
スポンサーサイト


テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koilog.blog26.fc2.com/tb.php/87-5876fea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

大学院博士課程を経て民間企業に在籍中。
この4月で29歳になりました。

鯉蔵

Author:鯉蔵
*mail and messenger↓
koizo-@ hotmail.co.jp
お手数ですが、@の後ろのスペースを削除して送信してください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。