2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリスマスソング

過ぎてから言うのもなんだが、クリスマスソングと呼ばれる曲は基本的に好きだ。

マライア・キャリー、WHAM!、ジョン・レノン、B'z等、ポップスにはそれほど興味のない私でも
この辺はほとんど全てが好きな曲だったりする。
前述の通り、クリスマスに対してさほどの思い入れもない。
となると、これは何故なのだろう?

昨日一日、ラジオから流れてくる様々なクリスマスソングを聴いてこの理由を考えてみた。

そもそも、これらは曲名や歌詞を聴かなくても、何となく雰囲気でそれと分かってしまう。

鈴の音だろうか?
マライアの曲などにはあるが、必ずしもすべてのクリスマスソングに入っているわけではない。
したがって、これは絶対的なものとは言えないだろう。

となると、やはり独自の音階というものがあるのだろうか?

例えば、琉球音階はレとラがない。
そうなの?と思う人は、身近な楽器で試してみるとよいだろう。
ドミファソシドと連続で鳴らすと、何故かそのような雰囲気になる。

では、「クリスマス音階」なるものは?
ジョン・レノンのWar is overのようなコード進行はクリスマスソングのようになりそうだが、
私自身そこまで音楽の知識がないので、結局それ以上のことは分からなかった。

ただ、やはりこれらの曲を聴くと、季節感だけではない安心感が得られるような気がする。
肩の力が抜けつつ、テンションが上がるといったような。
だから、これには何か理由があるような気がしてならないのである。

オチなど何もないぐだぐだな文章になってしまいましたが、この考えに対して
明確な解答や意見などがある方はお教えください。
スポンサーサイト


テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koilog.blog26.fc2.com/tb.php/62-694568d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

大学院博士課程を経て民間企業に在籍中。
この4月で29歳になりました。

鯉蔵

Author:鯉蔵
*mail and messenger↓
koizo-@ hotmail.co.jp
お手数ですが、@の後ろのスペースを削除して送信してください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。