2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気休め

「大丈夫だって」
日常で、よく耳にする言葉である。
私も実際よく使用する。
でもこれ、時と場合によってはかなり腹の立つ言葉なのである。

例えば、私がパンクバンドをやっていたとする。
ワンマンライブも成功し、勢いに乗りまくっている時期だ。
もっと多くの人に聞いてもらいたい。
そう思い、レゲエを取り入れた新しい路線に足を踏み入れた。

すると、ジャンル外はおろか、従来のファンからもそっぽを向かれ、
活動の存続が危ぶまれる事態となる。
当然私は、へこみにへこんでいるだろう。

そんなとき、
「大丈夫だって、きっとまた以前のように好きになってもらえるよ」
「大丈夫、鯉蔵なら何とかなるよ」
と、自分の音楽をろくに聞かないような人に言われたら。

私なら、間違いなく怒りを覚える。
何も分からずに変な気休めだけ言うのはやめろよ、と。
マイナス思考の人間にとって、このような言葉は何にもならないのである。

挙句、
「大丈夫、そんなん大丈夫だって。俺なんかさぁ・・・」
とか、聞いてもないのに自分の体験談なんか話された日には、最悪である。
このようなタイプの人間のこのような話は大抵、苦痛なばかりでまるで役に立たない。

気休めは、いい。
でも、まるで根拠のない気休めが嫌なのである。

と、ネガティブになるのは私が疲れている証拠。
さ、早く寝よっと。
スポンサーサイト


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント

大丈夫

わたしは、結構へこんでも、間に合わないかも!?
という過酷な状況に陥っても、「まー、大丈夫♪なんとかなる~☆」って自分で思う。
コレはいけないことなんだろうか?

自己解決で済ませられるならば、それが一番ですよね。
ただ、余計な慰めをする人っていうのは現実にはいて、そういう人ほど
人の身になっていなかったりするという話。
要は私のぼやきです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koilog.blog26.fc2.com/tb.php/51-4e4d8367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

大学院博士課程を経て民間企業に在籍中。
この4月で29歳になりました。

鯉蔵

Author:鯉蔵
*mail and messenger↓
koizo-@ hotmail.co.jp
お手数ですが、@の後ろのスペースを削除して送信してください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。