2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思い

自分の考えが急激に変わること、このところかなり多い。
この25という歳は本当にいろんなことがあり、いろんな経験をしているわけで、
そのたびに考えが変わっていっても不思議はない。
したがって、一貫性がないと嘆く必要はなく、むしろ進化している結果だと捉えている。

顕著に変わったことの1つに、自分の言いたいことを言うか言わないか、ということがある。

これまでは、どちらかといえば後者、すなわち言いたいことはあまり言わないにこしたことがない
という考え方だったように思う。
出る杭は打たれる、悲しいことではあるが、これが現実だ。
実際私も、出ている杭を見ると鬱陶しく感じたりする。

きちんと言える人からは
「何で言わないの?そんなの損だよ」
と言われたりするが、一概にそうとは言えない。
私の場合、言ってもうまく事が運ばないことが多いのだ。
つまり、これには向き不向きがあって、私は不向きな部類に属するということである。

先日、うちの研究室を去る人がいた。
去る前日、最後ということで、その人に研究室内の不満を挙げてもらった。
その1つに、陰口が多く言いたいことをはっきり言わない人が多いということを述べた。
話し振りからすると、私もどうやらそうであるらしいのだ。

正直、腹が立った。
深刻な陰口など、言ったことはほとんどない。
全体のメリットを考え、当然否定した当人にも悪い気をさせないために、
自分の主張を抑えたりしてきたのに。
それなのに、まるで私の気持ちなんか考えていない。

頭の中がずくずくになり、何だか悲しくなった。
こんなにも分からない人がいるなんて。
自分のことを棚にあげ、ずっとこのことについて考え続けた。

決めた。
もう、遠慮はしない。
そんなに言うなら、やってやろうじゃねぇか!
半ばやけではあるが、こうするしかないような気になった。

でも、私は「不向き」に属する人間。
このまま行動に移しては、確実に事はうまく運ばない。

ふと、甲本ヒロトの言葉を思い出した。
「言いたいことは言う。その時は心を込めて言う。」

翌日、今不満に思っていることを自分の中で整理し、心を込めて私の直属の上司に言うことにした。
相手は、私を否定した人ではない。
その当人にもいろいろ言いたいことがあったが、去る当日であったこともあって、
残念ながらその機会はなかった。
現状を変えたい、そのことを一心に、心を込めて伝えた。

結果は、どうやら伝わったみたいだ。
きちんと聞き、誠意ある対応をしてもらえたように思う。

今、私の心はすっきりしている。
そして、やはり言うべきなんだな、と思った。
言わないと、何も変わらないな、と。

全員が全員聞いてくれるわけではないかもしれない。
私の主張が、めちゃくちゃだったりするかもしれない。
でも、私は私を肯定できる人間になりたい。
そのためにも、これからは言いたいことは言う。
その時は心を込めて言う。

これまで数多くのことを教えられてきたが、またヒロトさんに1つ、大事なことを教わった気がする。
スポンサーサイト


テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

コメント

難しいですね

同じ研究室内だからうまくやっていきたいし、
言ってもうまくいかないと思ってるからこそ慎重に言葉を選ぶわけで・・・。

私も「自分の口がいけないの?」と思うことがあるから
『向き・不向き論』解りますよ。

でもさ、辞める日になって
「陰口が多く、言いたい事をはっきり言わない」
なんて言うなんて、うだうだ言ってんじゃないよ!!

って思う私は鬼でしょうか。

限界まで我慢してたことも可哀相だけど、
自分だって言いたいこと言えないんだから、
あなたが変わるべきだったんだよって。

『心を込めて言う』。さすがヒロトだ。ヒロト語録は初耳です。
私も日々の言葉に気をつけます。

ありがとうございます

その人の不満は、こちらから聞きだしたということもあって、
一概に是非を問うことはできないと思ってます。
言えって言われたら、言うしかないですからね。
それと、そんな単純ではない感情というのが私にはありまして。
まあこれは、時間があったらおいおいと語ることにします。

ヒロト語録、知っていただけて感激です。
ありがとうございます。

言う?言わない?

私は基本的に言う派でした。
でも、4年生のとき、言うことで失敗した経験があり、
言わない子になってきたような気がします。
今の4年に言いたいことはイロイロあるんだけどねー、
まぁ私があと少し我慢すればいいんだから・・・と思うと、
言わないほうがいい気がする。
だけど、それだと、次の4年生(今の3年生)が困るだろうから、
一番上である私が言うしかないのかな?と、
鯉蔵さんのコメントを見て思いました。

そして・・・。
関係ないけど、おとつい、渋谷(ハチ公側)へ行きました。
6F建てのタワーレコードを見つけることは出来ませんでした。

大事なのは

心を込める、これに尽きるのではないかと。
感情に身を任せて物を言うのは簡単ですが、摩擦しか生まないですからね。
あと必要なのは、開き直りか(笑)。

そこからだったら、ちょっと歩けば見つかったはずなのに。
109の脇をてくてく歩いていくとあのでっかい黄色のお店がありますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koilog.blog26.fc2.com/tb.php/34-6d17bd4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

大学院博士課程を経て民間企業に在籍中。
この4月で29歳になりました。

鯉蔵

Author:鯉蔵
*mail and messenger↓
koizo-@ hotmail.co.jp
お手数ですが、@の後ろのスペースを削除して送信してください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。