2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビブラート

カラオケレベルでいいから、思う存分唄うことを満喫したいと考えている私。
本格的な発声練習などはもちろんしないが、できる範囲でレベルアップはしたい。

最近凝っているのは、ビブラート。
周期的に半音を上げ下げして音を震わす奏法で、弦楽器なんかでもよく使われる。
高校生の時、音楽の授業で「ビブラートができれば多少は歌がうまく聞こえる」と聞き、やってみたらできた。
以来私は、カラオケに行く度、執拗にビブラートをかけ続けてきた。

しかし、森山直太朗がよく使うような、ロングトーンのビブラートできない。
長く続けようと思っても、途中で周期がバラバラになってしまうのだ。

できなくても、何ら支障はない。
けれど、鯉蔵さんは悩みました。

ボイストレーニングに通うなどすれば、きっとできるのだろう。
でも、カラオケレベルなのに、そんなことはしたくない。
できれば独学でマスターしたい。

そこで、まずはわざとらしく声をゆったり震わせてみた。
ショートトーンが「あぁあぁあぁあぁ…」だとすると、「あんあんあんあん…」みたいな感じ。
当然、周期と音程が一定にならず、きれいなビブラートにはならなかった。

しかし、だましだまし続けてみると、息が切れる間際に自然な周期のうねりが発生することに気付いた。
これかな、と思いつつ、私が使うショートトーンのそれとは全然違うやり方なので、何か違うのかな、とも思いつつ。

そんな感じで、今度はインターネットで調べたのだが、まぁ驚いた。
ビブラートって、5種類もあるのだそうだ。

どうやら、以前からやっていた方が喉を使ったもの、今回マスターしようとしていたのが横隔膜を使ったものらしい。
とにかく、私がやろうとしてたことは間違っていなかったらしい。
他の3種類は、まぁ覚えなくても大丈夫そうだ。

横隔膜は、仰向けになった状態だと使っているのが意識しやすい。
というわけでさっそくやってみると、うむむ。
周期がだんだんと安定してきた。

そればかりか、きっちりできると背中が跳ねるように動き出すのが分かる。
みぞおちあたりに指を置き、意識しながら発生するとやりやすかった。

こうなってくると、歌うのが楽しくなってくる。
今はおもちゃを買い与えられたばかりの子供のように、暇さえあれば発声練習をしている。

しかし、ビブラートができるからといって声質が良くなるわけではない。
また多用しすぎると全く味がなくなってしまうから、注意が必要だ。

ストレートの魅力も磨きつつビブラートをマスターできれば、歌の幅が広がる。
これで得意の松山千春も、一段と完成度が上がるであろう。
スポンサーサイト


テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koilog.blog26.fc2.com/tb.php/302-99c5482f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

大学院博士課程を経て民間企業に在籍中。
この4月で29歳になりました。

鯉蔵

Author:鯉蔵
*mail and messenger↓
koizo-@ hotmail.co.jp
お手数ですが、@の後ろのスペースを削除して送信してください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。