2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


H袋さん

あの布袋が町田康を殴ったらしい。
もう1週間過ぎてしまったけど、この話題にはどうしても触れたかった。
何故なら、私が町田ファンだからである。

最近ここでは触れてはいないが、町田作品はかなり読んだ。
つい最近も「テースト・オブ・苦虫3」というエッセイを読んでいた。
それに、昨年末に布袋が出したセッションアルバムには町田康も参加していて、私はそれも持っている。

まぁいろいろ言いたいこたぁあるのだけれど、たいていは他のファンと同様である。
てか私としては、殴られたこととか、そんなに問題ではなかったりする。

しかし、町田ファン以外の対応が面白くて仕方がない。
独特の町田ワールドに足を突っ込み、必死に理解しようとするとこうなるのだろうなぁ。

まず、彼の肩書きが「パンク歌手」であるということ。
これは出版社やマスコミがつけたものではなく、本人が名乗っているのである。
ミュージシャンでもパンクロッカーでもないところが重要なのだ。

それと、公式ホームページに書かれている日記。
見てみれば分かるが、たいていは何が何だか分からない。
それでも、ファンにとっては何となく伝わる部分もある。

これらを真剣に取り上げているから面白い。
はっきりいって、野暮ですよ。
ちょっと踏み込んだだけでは分かりっこないから。

今回の事件で、
「不謹慎かもしれないけれど、殴られたとか被害届を出したの笑えますよね」
というファンの意見は意外と多かった。
不謹慎かもしれないけれど、私も笑った。

殴られている姿を想像すると、作品を読んでいるときと同様の気分になる。
はっきりいって、思い浮かべたその姿が似合いすぎるのだ。
不謹慎であることを今一度言っておくが、しかし。

それと、被害届を出したところが、弱々しくていい。
「ロックではないけど、パンクを感じた」なんて意見もあった。
これも、何となく分かる。

パンクロッカーのくせに被害届?
ノンノン、パンク歌手だから被害届ですよ。

あ、殴るのはよくないことですよ。
でも、笑ける。

ただ最も残念なのは、これを機に名が売れてしまったこと。
やっぱり作品そのものの評価で知られて欲しい。
町田康を知っている人に出会えたあの喜びが、これで大幅に失われることになる。
でも、
「町田?ああ、あの布袋に殴られた人?」
みたいな扱いも、それはそれで面白いかも。

布袋サイドはまたいろいろ文句もあるだろうけど、事件の善悪について言いたいことは一切ありません。
然るべき方法で決着をつけたらよいか、と。
でも私は、またこれでマーチダさんが好きになりました。
スポンサーサイト


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koilog.blog26.fc2.com/tb.php/226-76c76f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

大学院博士課程を経て民間企業に在籍中。
この4月で29歳になりました。

鯉蔵

Author:鯉蔵
*mail and messenger↓
koizo-@ hotmail.co.jp
お手数ですが、@の後ろのスペースを削除して送信してください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。