2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


唐突な災難

昨日から始めたこのブログであるが、
実はこのページ自体は二週間くらい前から存在していた。
ずっとその間、無記入状態だったのである。
という訳で、今回はその事情を説明いたします。

9月23日、秋分の日でありすなわち休日であったため、
新規ブログの立ち上げを始めた。
近くの喫茶店へ行き、コーヒーでも飲みながらなんてやってたら、
半分近く飲んだ時点でお腹がゴロゴロと鳴り始めた。
この日は朝からあまり胃腸の調子がよくなかったのだが、
目の前のコーヒーをとりあえず飲み干すことに。
当然、さらなる痛みが襲う。
結局fc2と登録した時点で作業を終えたため、
空白のままページが存在しているという奇妙な状態となる。

帰宅してみるとどうやら熱があるらしいことが分かった。
5日後には学会発表も控えていたので、おとなしく寝て
体を休めることにした。

次の日、体調は全く良くならず、むしろ悪化しているようであった。
いろいろと用事があったため、おとなしく待ってみたが駄目で、
結局すべてキャンセルした。

さらに翌日、もうずっと腹が痛い。
一人で歩くことすら危ういくらいに。
もはや風邪で済まされるレベルではない。

タクシーに乗り込み、地元の病院へと足を運んだ。

この日は日曜日であったため、諸検査はできなかったらしく、
かといって家にも帰れそうになかったため、点滴を受けながら
とりあえず入院という形をとった。

もうどうしようもないくらい痛かったのだが、うとうとと眠れたせいもあり、
痛みは若干和らいだ。
しかし、ここである心配事が発生した。
始めは上腹部のあたりが痛んでいたのだが、徐々に右下腹部へと
痛みが移っていったのだ。

分かる方はぴんときたかもしれないが、右下腹部といえば
盲腸であることが候補にあがる。
しかし、盲腸となった場合、便秘気味になるらしいのだが、
今の自分はその逆にお腹を下している状態である。
痛み方はまさしく盲腸でありながらその症状は矛盾しており、
とりあえず開けてみるしかないという結論に達した。
平たく言うと、手術が決定したのである。

結果は、腸炎が誘発した急性虫垂炎。
壊疽性で、破ける一歩手前だったらしい。
大人ではその報告例が極めて少ない、珍しい病例なのだそうだ。
入院していた二週間近くの間インターネットを使用できず、
ブログをいじるのも当然のようにできなかったというわけだ。


予定していた友達の就職祝いも行けず、
学会発表も代理を頼むことになってしまった。
いろいろな人と会う予定があったのに・・・。
もう踏んだり蹴ったりな二週間であった。

と言いたいところだが、不幸なことばかりであったかというと、
そうでもない。
ま、これについてはまた後ほど。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koilog.blog26.fc2.com/tb.php/2-32f1419a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

大学院博士課程を経て民間企業に在籍中。
この4月で29歳になりました。

鯉蔵

Author:鯉蔵
*mail and messenger↓
koizo-@ hotmail.co.jp
お手数ですが、@の後ろのスペースを削除して送信してください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。