2009-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お別れ

7月4日、三沢光晴さんのお別れ会に行ってきた。

かなりの人が詰め掛けるだろうとは思っていたが、私の予想など遥かに超えていた。
乗り換え駅の豊洲で花を買うのに一時間。
その後現地に着いてから献花まで二時間近くかかった。
約一駅分にもなろうかという長蛇の列を見てめまいがしたが、こんなにも多くの人に愛されていたのだと思うと、目頭が熱くなった。

受付で名前を記入し、いよいよ会場内の献花ブースへ。
もはやそれがリングだと分からなくなるほどたくさんの花がリング内に放り込まれていった。
場内に流れる「スパルタンX」を聞き、また感情が込み上げてきた。

遺影のそばへ行って手を合わせた瞬間、もう抑えることはできなかった。
ただただひたすら、涙が止まらなかった。
隣のおじさんは号泣していた。
いろいろな人が、いろいろな表情でお別れを告げていた。

亡くなってからというもの、これといった実感はなかった。
急にいなくなったと言われても、受け入れられることなどできなかった。
それが昨日、ようやく受け止めることができた気がする。
会を開いてくれたNOAHの方々には心よりお礼を申し上げたい。

生きていくということは、悲しく辛いことなのかもしれない。
きれいごとだけではやっていけない。
それでも真っ向から受けとめて、進まなくてはいけない。
何度打たれても立ち上がった、三沢さんのように。

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

大学院博士課程を経て民間企業に在籍中。
この4月で29歳になりました。

鯉蔵

Author:鯉蔵
*mail and messenger↓
koizo-@ hotmail.co.jp
お手数ですが、@の後ろのスペースを削除して送信してください。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。