2007-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


靴購入

先週末、かの有名なFUJI ROCK FESTIVALに行ってきた。
それはそれは楽しかったのだが、やはりそこは野外フェス。
服から靴まですっかり汚れてしまった。

実は、私はスニーカーを1足しか持っていない。
今回履いていったスニーカーもそこまでひどく汚れたというわけではないが、いい機会なので買いに行くことにした。

今年に入ってすっかりVANSフリークになった私が探したのはやはりVANS。
上野のABCマートに入ると、サマーセールやらで限定物でいっぱいだった。

で、一瞬にして心を奪われ、購入してしまったのがこれ↓


070730_0840~01.jpg



HM/HR好きな人はお分かりであろう。
イギリスのヘビーメタルバンドIRON MAIDENのロゴとマスコット(?)キャラクターのエディが描かれているのである。
ちなみに、入っていた箱はこんな感じ↓


070730_0839~01.jpg



スリッポンとハイカットとがあり、どちらもあまり馴染みがなかったけれど、あれやこれやと迷って結局ハイカットを選んだ。
かなり大胆な買い物だったと思うけど、結構気に入っています。
もっともっと味が出てきますように。

スポンサーサイト

Brand New Sunsetという曲

私の大好きなHi-standardの、私の大好きな曲の1つに「Brand New Sunset」という曲がある。
この曲はBassの難波が、故郷である新潟の海を思い浮かべて作ったそうだ。

私も生まれは新潟である。
新潟の海へは、実は数えるほどしか行ったことがない。

それでも、先日海辺が見えた時、具体的な記憶はほとんどないのにも関わらずどこか懐かしさと安心感を覚えた。
体のどこかに、感覚的な記憶が刷り込まれているのかもしれないな。

故郷とは言えないけれど、何度も訪れたわけでもないけれど、新潟という場所には不思議な感情がある。
やはり生まれた場所というのは何か特別なものがあるのだろうか。

そんなこんなで、明日から新潟へまた行ってきます。
目的は、FUJI ROCK FESTIVAL2007!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

悲願達成

ついに手に入れました。
Hi-standardとドイツのパンクバンドWIZOとのコンピレーションアルバム「WEIHNACHTEN STINKT!」


weihnachten_tinkt.jpg



知る人ぞ知るこのアルバムは、今では廃盤。
7年ぐらい前からちょくちょく探してはいたけれど、手に入れることができずにいた。

結局ヤフオクで見つけ出し購入。
お値段は¥8250也。

4曲入りでこの値段というのは極めて高いと言われそうだが、他のオークション等と比較すると良心的であると思う。
それほど貴重な音源なのです。

私の一押しは、ジョン・レノンのカバー曲「HAPPY X-MAS(WAR IS OVER)」。
てか、これが欲しいがために買った。
ギターソロが秀逸で、何度聴いても胸に残る。

中古ショップをくまなく周る人にすれば邪道な買い物かもしれないが、とにかく満足している。
あの音聴いたら損はしませんよ。

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

財布の紛失

何気なく昨日という一日を送っていると、突如母から電話。
何やら急な用件であるような気がしたので恐る恐る出てみた。

どうやら、私の財布が船橋駅で拾得されたらしいのである。
それが何を意味しているのか一瞬にして分かった。

先週の土曜日、津田沼で飲み会があり、帰りの乗り継ぎで船橋駅を利用した。
おそらく、改札でSuicaを出そうとした時、鞄の中にあった財布を落としたのだろう。
しかし、Suicaにはお金が十分にチャージされていたため、家には問題なく帰ることが「できてしまった」のだ。

その後は台風の影響もあり、日・月と一歩も家を出なかった。
その翌日、つまり昨日は、研究室に着くまでお金を使わなかった。

結局、財布を落としたまま2日以上気づいていなかったのだ。
我ながら何とも間抜けな話である。

一昔前はSuicaなんて使ってなかったから、乗り換えの際にいちいち切符を購入していた。
わずらわしかったけれど、今回のようなケースであればその方が早く財布の紛失に気づけただろう。

便利になるというのは、それだけ他のことが見えにくくなるということでもあるのだろうか。
恐ろしい。

とにもかくにも、財布の中にあったカード類、免許証、現金すべてが無事だったのでよかった。
届けてくれた人には感謝してもしきれない。
無くなっていたらしゃれにならないですからね。

続きはこちら »

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

またも地震

昨日のお昼前くらい、シャワーを浴びていると何か視界が揺れる。
めまいかと思ったがそうではない。
もうお分かりだろうが、大規模な地震があったからである。

何回か書いたけれど、新潟には私の親戚がいるが、とりあえず無事は確認できた。
しかし震度6レベルが2回もあり、また大きな余震が来る恐れもあるそうだ。

5月に新潟を訪れた時地元のタクシー運転手から聞いたのだが、3年前の地震で被害にあった地域は、まだ道路などが完全には復旧できていないらしい。
それを考えるとまた、気が重くなる。
現地の人のストレスは計り知れない。

何か私にできることはないだろうか。
こんな時すぐには動けないのがはがゆくて仕方がない。

テーマ:地震 - ジャンル:日記

好きな漢字

日本人に生まれたのもあるだろうけれど、漢字には魅力を感じるたちである。
一文字でその存在意義を表せているところがかっこいい。

特に好きなのは「犭(けものへん)」。
このバランス感覚がたまらない。
これに合わせるつくりは、私は「王」が一番好き。

すなわち「狂」
これだけだと、何か常軌を逸した人みたいですなぁ。

高校時代、修正液でかっこよく字を書く練習をしていたのだが、勢いで鞄にこの字を書いた。
かなり気に入っていたけれど、このままでは周囲の目が気になると思い、下に「乱」と書いて「狂乱」にしたのは逆効果だったろうか。

しかし、何故「獣」の「王」様は「狂」なのだろうか。

獣の世界も人間と同様で、力の強い者、弱い者、賢い者、怠け者など様々なタイプがある。
それを統率するのが王様。
耐え難いプレッシャーがあることは想像に難くない。

では、どうやってまとめるか。
人間なら褒めるだとか叱責するとか罰を与えるなんてことをするが、彼らにはそれがない。
というか、できない。

となれば己の立ち振る舞いを見せるしかない。
いかにも凛々しく見せるか。
いや、それではひねくれ者はねたむ。

強そうに振舞うか。
それでは弱者に配慮が行き届かない。

賢そうに振舞うか。
そうなれば阿呆はいじけてしまうだろう。

ではどうすればよいか。
そう、究極の阿呆であることが理想なのである。
耐え難いプレッシャーも相まって、それは正に狂った状態に見えるだろう。

阿呆は他の阿呆な姿を見ていじけることはない。
それを馬鹿にして、自分の方が上だと思い込むから。
偉くなった気がするのは悪い気がしないものである。

賢者はその姿を見て呆れたりはしない。
王様が本当は賢いことを知っているから。
きちんと理解できている者は、一生ついていこうと思うであろう。

「狂」
それは、自分を蔑むことによって初めて頂点に立てるという意味。
実に奥が深い漢字である。
と書きなぐった阿呆の私について来る者などあるだろうか(いや、ない)。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

3回忌

今日は7月11日。
橋本真也の3回忌である。

2年前合同葬儀に参加したけれど、遺族の一人だった長男の大地君ももう中学3年生である。
先日インタビュー記事を見たけれど、ずいぶんと大人びたなというのが率直な印象である。
あの時、「がんばってください」と声をかけたのはいらぬお世話だったかな。

生きているうちに一度でいいから試合を観ておきたかった。
今さらではあるが、そんな気持ちでいっぱいである。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

聖地後楽園ホール

7月6日金曜日、後楽園ホールへ行ってきましたよ。
新日本プロレスの興行に。

プロレスファンならすぐに分かるだろうけど、後楽園ホールでは重要なカードが組まれることがほとんどである。
この日もタイトルマッチが3試合あった。

友人が旦那(大の新日ファン)へあげた誕生日プレゼントがこのチケットで、私はその付き添い。
つまり友人夫妻with鯉蔵なのだが、いつの間にかプロレスファンの2人with友人の図式が出来上がっていた。
その友人、プロレスに対する熱がまるでない。

旦那様は仕事で遅れるとのことなので、先に2人で入場。
実は初めて後楽園ホールに入ったのだけれど、意外と狭い。
せいぜい高校とか大学の体育館くらいだと思う。

そして我々は前から2列目。
やる気のない友人が取った席は間違いなくいい環境である。

で、いざ試合が始まって気づいたけれど、体のぶつかり合う音がすごい。
間違いなくテレビでは伝わらない部分である。
レスラーの一言一言までもが聞こえたりして、まぁ興奮した。

振り返ってみると、あまり試合に関する記憶がない。
確かにビールはよく飲んだ。
しかし、お酒によるものとはまた違う感覚だ。

蝶野正洋は、ベイダーと初めて戦った試合の内容を全く覚えていないのだそうだ。
極度の興奮によるものらしいが、私のもたぶんそれ。
動きや技、勝敗などは覚えているが、うまく流れが思い出せないのだ。

この日はゲストも充実してたし、言うまでもなく満足できた。
旦那様とも更にプロレス的絆を深めたし。

ただ、アクシデントはあった。
誘ってくれた友人は我々の興奮に置いていかれた挙句、携帯をこぼしたアルコールでだめにしてしまった。
かなりテンションが下がったことであろう。

その昔、入場の際に振り回していたブルロープを一般客に当てて怪我をさせてしまったスタン・ハンセンは、そのお客をあとで呼び出し、サインをあげた。
そう、アクシデントの後はアフター・ケアが重要なのだ。
携帯のメモリもほぼやられたとのことなので、きちんと電話をしてお礼とお詫びを申し上げました。

一寸先はハプニングと言ったのは、かのアントニオ猪木。
その猪木が立ち上げた団体だけあってハプニングだらけだったけど、とにかく楽しかった。
プロレスに興味ない人も、あの会場に行けば少しは我々の気持ちを分かってくれるだろうと、思った。

続きはこちら »

テーマ:日記 - ジャンル:日記

お金

世の中には、たくさんお金を持っている人もいればほとんど持ってない人もいる。
私は一体いくらで満足できるのだろう。

ニュースなんか見てると、収入が何億だ賠償金が何千万だと言っているけれど、はっきりいってどれだけの感覚なのかが分からない。
何億円の豪邸なんてのも、特別住みたいとは思わない。

ただ、もっともっと欲しいとは思う。
何年か前だったら十分納得できていた金額を今もらえているが、すぐに使い切ってしまうし、足りないと思ってしまう。

きっと、もらえばもらうほどそれ相応に使ってしまうのだろうな。
私はそんなタイプであると思う。
だから満足できる金額なんてないのであろう。

今のところ、年収600万もらえれば十分すぎると思っている。
収入1000万であったら、最低でも400万は募金でもした方がいいなどと考えてしまうが、実際そうはならないのだろうな。

そうと分かっていても、安くておいしい居酒屋へ行って、プロ野球チップスを買って、欲しいCDを2~3枚ずつちまちま買って、欲しい書籍を月に何冊までと決めながら買って楽しめる心はいつまでも持っていたいなぁとつくづく思う。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

竹原じゃけぇ

最近はまっているサイトがある。
それがこれ↓

竹原慎二のボコボコ相談室
http://promotion.yahoo.co.jp/charger/200707/contents02/theme02.php

実際によく聞きそうな悩み事を竹原慎二が聞く、というよりは斬るコーナーである。
かなり大胆な事を言っている時もあるが、概ね正論であり、実に潔い。
とにかく、最初の1フレーズには何とも言えない爽快感があるのだ。

デスクワークに疲れた時、かなり癒されます。
バックナンバーもあるので、暇な時見てみるとよいかも。

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

町の変遷

少子化や不景気の影響だろうか。
馴染みのある地域では次から次へとお店が変わり、雰囲気も少しずつ変わってきている。

昔はやたらとコンビニが建つイメージがあったが、今はそのコンビニも次々と姿を消すようになった。
飲食店関係もどうやらきびしいようで、ファストフード店もよく潰れている。

跡地には、駐車場ができるケースが多いように思う。
確かにニーズとスペース利用のしやすさから、そうなるのは分かる。
たまに1台しか入らない場所もあるくらいだ。

でも、美容院ができるパターンも多くないですか?
うちの地元にもそんな感じで3~4軒美容院ができた。

落ち着いて見てみると、確かに潰れる店もなくはないが、それに比して新たに建つ店が多い。
しかも、意外と長続きしている所ばかりなのである。

確かに女性、特におばちゃん連中は頻繁に行くけれど、こんなに多数あるのは妥当なのだろうか。
まぁ妥当だから潰れてないのだろうけど、やっぱり疑問だ。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

«  | HOME |  »

プロフィール

大学院博士課程を経て民間企業に在籍中。
この4月で29歳になりました。

鯉蔵

Author:鯉蔵
*mail and messenger↓
koizo-@ hotmail.co.jp
お手数ですが、@の後ろのスペースを削除して送信してください。

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。