2006-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自律神経失調症

「自律神経失調症」という言葉を聞いたことがあるだろうか。
自律神経とは、心臓を動かしたり汗をかいたりという、自動的に働く神経のことであり、その調子がおかしくなる症状をいう。

不規則な生活を送ったりして自律神経のバランスが崩れるとなるらしい。
しかし、内臓や器官の病変によるものではないので、検査などには引っかからない。
そもそも、正式な病気などではないのだ。

私は、昔から自律神経失調症であるのではないか、と思う。
母にもそう言われてきた。

具体的には、緊張のしようがない状況なのに、手汗が出てとまらなかったり、心臓がばくばくしてしょうがなかったり。
季節の変わり目が特にひどく、めまいなどもあったりする。
突然、つぼに入ったかのように始まり、緩和させるまでが一苦労なのだ。

とはいえ、つかみどころがないのも同症状の特徴。
めまい、吐き気、倦怠感、酸欠感、手足の冷え、頭痛、肩こり。
ざっとあげてもこれだけあり、個人差もあるらしい。

実際、本当に自分がそうなのかどうかは分からない。
医者でも特定するのは難しいようだ。
「そんなのよくあるよ」と片付けられたりすることもしょっちゅうだ。

まぁ私生活に影響なければなんでもいいのだけれど、それにしてもここのところ調子が悪い。
いきなり胸がばくばくして止まらなくなるのだ。

天気や生活リズムの不安定さが原因ではないかと思うが、年々ひどくなってる気がするから、ちと対策を練らねば。
とにかく、少しでもストレスがかかるような状況は避けるのがよさそうだな。
明日は元気で一日を送れますように。


スポンサーサイト

テーマ:どうでもよくないこと - ジャンル:日記

夢の中へ

仕事が趣味、という言葉がある。
そうであったらどんなに良いか、と思ったりしたが、最近そうは思わなくなった。

もちろん、仕事はできるようになりたい。
けど、花を見たら美しいと思い、おいしいものを食べたらうまいと言い、いい音楽を聴いたら感動をする。
そういった部分も、より豊かでありたいと思うからだ。

最近、食事中でも実験のことを考え、夢の中でも毎日のように実験をするようになった。
大好きな作業だから、楽しくないはずがない。

でも、何だか人間らしくないような気がする。
せめて研究室以外の場所ではそれ以外のこと考えていたい。

これは、間違った考えなのだろうか。
とにかくいえるのは、また悩みが1つ増えたということだな。

テーマ:こんなことありました - ジャンル:日記

仏蘭西

これまたエールフランス機内での出来事。

成田から出発する便で、私は非常口が目の前というポジションに着席。
エコノミーで唯一足が自由に伸ばせるスポットであり、気分は上々である。

しばらくして、隣の席に人が来る。
色は浅黒く、歳は私より5~6上といった感じで、妙に落ち着いている。
何というか、「海外渡航のベテラン」といったオーラをバンバン出している女性であった。

彼女は、何やらフランス語で添乗員さんに挨拶をしているようだった。
ハーフかも、と思ったが、彼女の友達とは日本語で話をしていたため、そうではなさそうだ。

それにしても、流暢なフランス語だ。
こちらが一生懸命英語を使用しているのに、それをあざ笑うかのように、ペラペラとフランス語を話している。


過去に3人ばかりフランス人男性と付き合ってたからって! ←未確認


そう思うと何だか悔しくなり、一月たった今頃になって、フランス語入門みたいな本を買ってしまった。
これから、がんばる!
何を?

テーマ:夏休み - ジャンル:日記

リンダリンダリンダ

かれこれ一月前、ダブリンから帰るときのこと。
エールフランス機内では、備え付けのスクリーンでビデオを流していた。

フランス語や英語のものに混じって、英語字幕の日本映画もあった。
そのとき上映していたたのはあの、「リンダリンダリンダ」である。

ブルーハーツをモチーフにしているという時点で、公開された当時は見に行こうとも思わなかった。
がっかりしてしまう可能性が大だからである。
実際、出演した女の子たちによる「終わらない歌」をラジオなどで聞いたときには脱力せざるをえなかった。

で、実際に観て、とりたてて感想らしい感想はなかったな。
いわゆる「青春もの」といった印象で、可もなく不可もなくみたいな。

ただ、最後がしびれた。
学園祭に出演した彼女たちの「終わらない歌」が終わり、暗転。
そこで、本家の「終わらない歌」が、エンディングテーマとして流れてきたのだ。

真っ黒なバックにただひたすら文字が流れただけの画面なのに、ものすごく胸が熱くなる。
少しだけ、目が潤んでしまった。

何度も何度も聴いたこの歌だけど、やっぱりいい曲だな。
そして、今また考えさせられる歌詞だよな。


本当の瞬間はいつも 死ぬほど怖いものだから
逃げ出したくなったことは 今まで何度でもあった



うん、これすごく分かる。
やっぱりブルーハーツが大好きであるということが、またこれで証明されてしまった。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

«  | HOME |  »

プロフィール

大学院博士課程を経て民間企業に在籍中。
この4月で29歳になりました。

鯉蔵

Author:鯉蔵
*mail and messenger↓
koizo-@ hotmail.co.jp
お手数ですが、@の後ろのスペースを削除して送信してください。

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。